Coming Up Tue 10:00 PM  AEDT
Coming Up Live in 
Live
Japanese radio
SBSの日本語放送

豪企業 「太陽エネルギー」輸出計画 目標はシンガポール全電力の5分の1供給

David Griffin, right, is behind the Sun Cable project (not pictured).

豪起業家が、大規模な太陽光発電プロジェクトに取り組んでいます。東南アジアの中核であるシンガポール国内の電力消費全体の約20%をオーストラリアから輸出することを目標としています。

デイビッド・グリフィンさんは、再生可能エネルギー事業の拡大に取り組むリーダー的な存在として知られています。グリフィンさんは、ノーザンテリトリーの街、テナントクリークの砂漠地帯に、太陽光発電所を建設する計画をすすめています。発電所の広さは、約1万5000ヘクタール。そこで生み出した大量の電力を、約3800キロ離れたシンガポールへ輸出し、現地の電力需要を賄おうと考えています。

“これまでにはなかった、世界最大規模の太陽光発電事業です。”

グリフィンさんが語るこの事業は、自身がCEO(最高責任者)を務めるサン・ケーブル社が主体となって行われています。成功すれば、世界でも初めてクリーンエナジーを海外へ輸出する事業となります。

“極めて難しい事業です。海底に直流ケーブルを建設しますから、リスクもあります。十分に時間をかけて慎重にデザインを行っています。”

この太陽光発電所で生み出される電力量は、最終的には10ギガワットと推定されています。

ノーザンテリトリー州政府は、サン・ケーブルによる事業を州の「大規模プロジェクト」と認定し、2023年への事業着工に向けてサポートしています。環境面の影響については、調査中としています。

巨富を築く

連邦科学産業研究機構(CSIRO)のデイビッド・バート氏によりますと、オーストラリア国内では、サン・ケーブル社のほかにも、再生可能エネルギーの発電事業計画が進められています。

アジア太平洋地域に位置するオーストラリアは、堅調な経済成長を続けるアジアの国々に地理的に近いという、有利な条件があります。

 “オーストラリアには、よい条件がそろっています。その一つが広大な土地で、太陽光発電や風力発電事業を行い、生み出した電力を他の国々に輸出することができます。”

“サン・ケーブル社の事業目標は、シンガポール国内の電力消費全体のおよそ5分の1にあたる、20%を提供することです。この輸出事業によって数十億ドルもの、膨大な利益を生み出すことができると考えています。”

リスクの査定

オーストラリアには、タスマニア州とビクトリア州をつなぐ、海底電力ケーブルが設置されています。この"バスリンク・ケーブル"は、2つの州で電力を安定的に供給することを目的としています。

一方、南オーストラリア州では、風力発電事業が展開されていますが、2016年9月、激しい嵐に見舞われ、大規模な停電が発生。約85万世帯に影響が出たため、風力発電への過度な依存を疑問視する声も上がっています。

オーストラリアや世界の話題を、日本語で!

SBS 日本語放送のFacebookをフォローしてください。

Coming up next

# TITLE RELEASED TIME MORE
豪企業 「太陽エネルギー」輸出計画 目標はシンガポール全電力の5分の1供給 29/08/2019 07:36 ...
第50回日本語弁論大会・全国ファイナル 優勝者のスピーチ 18/10/2019 15:06 ...
Music File #284 フラワー・トラベリン・バンド 18/10/2019 05:04 ...
東海チャレンジャー、2位でゴール 18/10/2019 08:18 ...
Coffee Break 86 コーヒーをもっと美味しくするために 18/10/2019 10:10 ...
海で溺れないようにするには 17/10/2019 08:00 ...
復興中の仙台で生活する 増田潮実さん 17/10/2019 10:13 ...
バンドのスタイルは「好きなもの」、少年ナイフ・ナオコ 15/10/2019 12:34 ...
台風のなかラグビー日本代表がベスト8、各地で復旧作業続く 15/10/2019 05:08 ...
大陸縦断ソーラーカーレース開始 13/10/2019 10:02 ...
View More