Coming Up Thu 10:00 PM  AEDT
Coming Up Live in 
Live
Japanese radio
SBSの日本語放送

大好きな踊りと花を教えて24年 シニア・ボランティア賞 ケイ・タンさん

Kay Tang (centre) performing Japanese folk dance with other members of MOSAIC Japanese Folk Dance Group Source: Terri Tang

コロナ禍もZoomでオンラインレッスンを実施したり、LINEでメンバーと連絡を取り合うなど、92歳とは思えないバイタリティで活動に励んできました。

シドニーの盆踊りグループ、MOSAIC Japanese Folk Dance Groupで、24年間に渡り踊りを教えてきた台湾出身のケイ・タン(唐蘆錦桂)さん。盆踊りだけでなく、台湾の舞踊やフラワーメイキングの指導も、ボランティアとして行っています。

活動の舞台はシドニー北部・チャッツウッドのMOSAIC マルチカルチャルセンター。ケイさんの活動は移民の人々が友情を築きながら、地域社会に溶け込むことを手助けすると同時に、文化的遺産の継承にも貢献してきました。

ケイさんは今年8月、活動に対する情熱とコミュニティへの貢献が評価され、「シニア・ボランティア・オブ・ザ・イヤー」を受賞。

 

Senior Volunteer of the Year award goes to 92-year-old Willoughby City resident Kay Tang
Senior Volunteer of the Year award goes to 92-year-old Willoughby City resident Kay Tang
Willoughby City Council

ケイさんの活動は参加者に「仲間意識や新たな意味と目的を提供」し、その結果、「健康とウェルビーイングが改善されている」と、ウィロビー・カウンシルは、彼女の受賞を称えています。

ケイさんは2019年にも、地域への貢献が認められ、ニューサウスウェールズ州政府による「プレミアズ・ハーモニー・メダル」のアート・文化部門で次点に相当するハイリー・コメンデットを受賞しています。

台湾で日本語教育を受けたというケイさんは、日本語、台湾語、英語を流暢に話されるトライリンガル。今回は日本語にて、電話インタビューに応じていただきました。

今回の受賞について「身に余る思いです」と恥ずかしそうに語るケイさん。

「この賞はMOSAICでボランティア活動を行うすべての人のものです」、とその思いを声明でも語っています。

踊りと花が心から好きと話すケイさんは、活動を通して、家族のように接することができる友達と出会えることがなによりも「幸福」とし、92歳の現在でも活動を続ける理由であると話してくれました。

Senior Volunteer of the Year award goes to 92-year-old Willoughby City resident Kay Tang
Senior Volunteer of the Year award goes to 92-year-old Willoughby City resident Kay Tang
Willoughby City Council

そのため、長引くロックダウンにより、人と接することも、観客の前で踊ることもできない期間は辛いものでした。

しかし、彼女はコロナ禍もZoomでオンラインレッスンに初めて挑戦してみたり、音楽を探し、新たな振り付けを考案したり、LINEでメンバーと頻繁に連絡を取り合うなど、92歳とは思えないバイタリティで活動に励んできました。

「Zoomは大変でした、足取りが見えないんです」と話すケイさん。

見えるのは上半身だけで、足取りが見えない。さらに、画面では一度にグループの全員を見ることができない、と思うようにクラスを進めることができなかったと振り返り、指導者としての厳しさも見せました。

ロックダウン中に完成した「さくら さくら」をメンバーに教えるのが待ち遠しいと話すケイさん。

Kay Tang
Kay Tang and MOSAIC Japanese Folk Dance Group
SBS

MOSAIC Japanese Folk Dance Groupは12月18日にチャッツウッドで開催されるJCS日本祭りでのパフォーマンスを予定しています。

ケイさんが踊りを教える上で最も喜びを感じるのは、イベントに招待され、観客の前で踊ること。そして観客をステージの上に招き、踊りを教え、ともに踊ることだと言います。

「みなさんと溶けあって、観客たちにも喜んでもらい、私たちも楽しめる。それは涙が出るほどうれしいです」

火木土の夜10時はおやすみ前にSBSの日本語ラジオ!

ポッドキャストから過去のストーリーを聴くこともできます。

SBS 日本語放送のFacebookもお忘れなく。

 

Coming up next

# TITLE RELEASED TIME MORE
大好きな踊りと花を教えて24年 シニア・ボランティア賞 ケイ・タンさん 12/10/2021 08:39 ...
インドネシアのコーヒー(コーヒーブレイクN41) 21/10/2021 08:22 ...
「石炭のない未来」、変化に直面するオーストラリアの炭鉱町 21/10/2021 07:09 ...
気候変動は文化も脅かすか!? 消えそうなケニヤの遊牧民の文化 20/10/2021 05:52 ...
サム・テスキー(MF 383) 20/10/2021 04:05 ...
日本、オーストラリアに勝って延命(FIFAワールドカップ・アジア最終予選) 19/10/2021 10:10 ...
大好きなオーストラリアで癌と向き合いたい 荒木史江さん 19/10/2021 09:12 ...
11月からの平常運行に備えるオーストラリアの民間航空会社はパイロット不足? 16/10/2021 08:42 ...
Lifelineの活動とかかりつけ医持つ大切さ、10月のメンタルヘルス月間 15/10/2021 14:57 ...
豪で株主総会シーズン、投資家から気候変動対策求める声 14/10/2021 05:50 ...
View More