Coming Up Thu 10:00 PM  AEST
Coming Up Live in 
Live
Japanese radio

ブリスベン3日間のロックダウンへ 4件の市中感染確認

Queensland Premier Annastacia Palaszczuk. Source: AAP

クイーンズランド州が3日間のロックダウンを宣言したことを受け、他州ではブリスベンからの旅行者に対して制限を発表することが予測されます。

新たに4人のコロナウイルス市中感染者が確認されたブリスベンでは、今夜29日17時より、3日間のロックダウンに入ることが発表されました。

対象となるエリアは、ブリスベン、ローガン、モートンベイ、イプスイッチ、レッドランズとなります。

今回確認された市中感染者の感染ルートは、存続の感染と関連している可能性が高いものの、さらなる拡大を防ぐため、ロックダウン措置を決断したと、クイーンズランド州のアナスタシア・パラシェイ首相は述べています。

0:00

パラシェイ州首相によると、ロックダウン措置はイースター連休前の4月1日木曜日に見直される予定です。

外出が許されるのは、エッセンシャルワークや生活必需品の買い物、介護・医療ケア、運動の4つの理由に限られます。

またグレーターブリスベンの学校、並びにエッセンシャルではないビジネスは、月曜日午後から閉鎖することが求められます。

州首相は、ロックダウンにより人々の生活に支障が出ることは承知していると述べる一方で、保健当局が接触者の追跡のための時間稼ぎになると述べました。

「全員が正しく行動すれば、(過去のロックダウンを乗り越えたように)今回も乗り越えられると確信しています」

また3月20日以降にブリスベンに滞在していた人も、ロックダウン規制の対象となります。

感染者の中には、グラッドストーン(3月25日~28日)とバイロンベイ(26日~28日)を訪れていたことも明らかになっており、ニューサウスウェールズ州政府はすでに1400人に上るニューサウスウェールズ州の市民にコンタクトトレーシングを行ったと述べています。

現在クイーンズランド州で警告が発信されているコロナウイルス・ロケーションはこちらから、バイロンベイで警告されているロケーションはこちらからご確認ください。

マスク着用義務化

クイーンズランド州全域では、マスク着用が義務化されるほか、グレータ―ブリスベン以外の地域では、レストランやパブなどでの着席が求められます。

パラシェイ州首相はグレーターブリスベンをホットスポットに指定し、他州にも同様の対応を取るよう呼びかけました。

すでに南オーストラリア州のスティーブン・マーシャル州首相は、29日16時より、エッセンシャルワーカーと住民以外の入州を禁止することを発表しています。

0:00

オーストラリアでは、他人から1.5メートル以上離れていなければなりません。お住まいの州における集まりの人数制限をご確認ください。風邪やインフルエンザの症状が出ている場合は、家に留まり、医師に電話して検査を手配するか、1800 020 080のコロナウイルス健康情報ホットラインに連絡しましょう。

ニュースや情報は、sbs.com.au/coronavirusで63カ国語で提供されています。

お住まいのテリトリーのガイドラインをご確認ください: NSWVictoriaQueenslandWestern AustraliaSouth AustraliaNorthern TerritoryACTTasmania.

火木土の夜10時はおやすみ前にSBSの日本語ラジオ!

ポッドキャストから過去のストーリーを聴くこともできます。

SBS 日本語放送のFacebookもお忘れなく。

Source AAP - SBS
This story is also available in other languages.