Coming Up Tue 10:00 PM  AEST
Coming Up Live in 
Live
Japanese radio

シドニー広域でマスク着用義務、屋内施設の一部で

Source: Getty Images - Morsa

1月4日の月曜日より、違反者には罰金$200が科されます。

シドニー大都市圏(Greater Sydney、ウーロンゴン、セントラルコースト、ブルーマウンテンズを含む)では屋内施設の一部について、マスクの着用が義務化されています。マスクの着用が必要な施設は:

スーパーマーケット、ショッピングセンター、映画館、劇場、公共交通機関、美容サロン、ヘアドレッサー、礼拝所、賭博の場(gaming areas)となっています。

1月4日の月曜日より、指定された屋内の施設でマスクを着用しなかった人には、罰金$200が科されます。12歳未満の子どもにはマスクの着用義務はありませんが、ニューサウスウェールズ州当局は可能であれば子どもを含み、すべての人に対してマスクの着用を呼び掛けています。

ホスピタリティー業界およびカジノのスタッフはすべて、マスクを着用することが求められます。

礼拝所での集まりや結婚式、葬儀に参列できる人数は、4平方メートル当たり1人の密度規制を守ったうえで、最大100人までに制限されています。ナイトクラブの営業は完全に禁止され、ジムのクラスの人数制限もこれまでの50人から30人に削減されています。

屋外でのパフォーマンスや抗議活動の参加者は最大500人まで。また閉鎖型(enclosed)での屋外での集まりは、客の座席が指定され、入場チケットが発行されるもので、人数が最大2,000人までに制限されています。

あなたの地域の最新のガイドラインを確認してください:

 


オーストラリアでは、ほかの人との距離を1.5メートル以上保たなければなりません。集会についての制限は住んでいる州の決まりを確認してください。

風邪やインフルエンザのような症状がある場合は自宅にとどまり、医師またはコロナウイルス・ヘルスインフォーメーション・ホットライン(電話番号1800 020 080)に電話で問い合わせて、検査を受けましょう。

www.sbs.com.au/coronavirusでは、関連のニュースや情報を63の言語で知ることができます。

 

SBS Japaneseが提供する日本語の関連ニュース・情報はこちらから。