Coming Up Thu 10:00 PM  AEST
Coming Up Live in 
Live
Japanese radio

NSW政府 クリスマスのロックダウンルールを微調整

クリスマス期間中、ノーザンビーチの住民は地域を離れることができませんが、限られた人数のゲストを受け入れることが許可されます。


グレーターシドニー全体に現在敷かれている規制の大部分は、クリスマス期間中も変わらず、代わりに「微調整」が行われることが発表されました。これらの調整はクリスマスイブの24日から適用されます。

NSW州では23日、新たに8人の新規感染者を記録。一桁台の新規感染者を記録するのはこれで、2日連続となります。
発表された8人の新規感染者のうち7人はノーザンビーチに関連していることが明らかになっています。

12月24日より、ノーザンビーチは2つの地域に分けられ、規制が実施されます。ナラビーン橋の北部とモナベイル・ロードのバハイ寺院の東側の住民は、より厳しい状況に置かれることになります。

ノーザン・ビーチの北部地域の住民は、12月24日、25日、26日の3日間、ロックダウンエリア内から5人のゲストを受け入れることが許可される一方で、ナラビーン橋の南側の世帯は、シドニーから10人のゲストを自宅に招くことができます。両地域の住民は、ノーザン・ビーチの地域外への移動は禁じられています。

グレーターシドニー、並びにセントラルコーストの住民は、クリスマスを祝うため、自宅に10人招くことができます。また、12歳未満の子供はこの10人に含まれず、何人でも招待することが可能です。これまで敷かれていた10人の制限には、子どもの数も含まれていました。

ニューサウスウェールズ州のグラディス・ベラジクリアン州首相は、「私たちが提案するのは、わずかな微調整です」と述べる一方で、状況に応じて突如変更される可能もあることを警告しました。

「状況は常に変動しています。しかし今後3日間については可能な限り、確実性を提供したいと考えています」

今日発表された新規感染者数は過去24時間、昨夜20時までに記録された症例で、4万2000件に上る検査から明らかになりました。ノーザンビーチに関連した感染者はこれで累計97人に上ります。

8件目の症例は、国際便到着者を空港から宿泊先まで輸送する、シドニー西部の保健ワーカーで、濃厚接触者となります。なおこのケースは以前に報告されています。

また、NSW州最高保健責任者、ケリー・チャント氏は、別の症例で、国際線到着者からウイルスに感染したと考えられていた保健ワーカーは、実際ノーザン・ビーチのクラスターに関連していたと明らかにしました。ゲノム解析の結果、ウイルスはノーザンビーチのものと同様であることが判明しましたが、このワーカーがどのようにしてウイルスに感染したか、現在のところ不明です。

また、12月18日にシドニーからダーウィンに飛んだカンタス航空の客室乗務員からもウイルスの陽性反応が出たことが会見で発表されましたが、その詳細については現在明らかにされていません。


23日水曜日の午前中に緊急に開催された「危機内閣 」会議で決定されたロックダウンの変更は、24日のクリスマスイブ、25日のクリスマス、および26日のボクシングデーまで適用され、その大部分は12月27日から、現在の規制内容に戻ります。

例外となるのはノーザンビーチの南部で、その決定は12月27日に発表される予定です。

「ノーザンビーチの南部の人々は政府の決定を待つ必要がありますが、その他の住人は現在の生活に戻ることができるでしょう」

ニューサウスウェールズ州での症例は減少傾向にあるものの、保健当局はまだ注意を促しており、陽性者が訪れたとされるシドニーのジムやレストラン、スーパーマーケット、パブなどのロケーションは50以上に上ります。

陽性者が利用した施設や公共交通機関のルートはニューサウスウェールズ州保健局のウェブサイトで更新されています。

また、ゴスフォード地域の下水道からウイルスの断片が検出され、2つの陽性例がこの地域に関連していることから、セントラルコーストの住民にも症状に厳重注意を促すように伝えられています。

保健当局はこれまでのところ、国外から来たウイルスの株がどのようにして地域社会に入ったのかを判断することができず、州境の閉鎖により、何千人ものオーストラリア人のクリスマス旅行計画が混乱に陥っています。

「ウイルスがどのようにしてアバロン・クラスターに侵入したかはまだ分かっていません。まだ見つかっていない株や地域社会での感染経路がないことを確認したい」と、ベラジクリアン首相は述べています。

オーストラリアでは、他人から1.5メートル以上離れていなければなりません。お住まいの州における集まりの人数制限をご確認ください。風邪やインフルエンザの症状が出ている場合は、家に留まり、医師に電話して検査を手配するか、1800 020 080のコロナウイルス健康情報ホットラインに連絡しましょう。 

ニュースや情報は、sbs.com.au/coronavirusで63カ国語で提供されています。

お住まいのテリトリーのガイドラインをご確認ください: NSWVictoriaQueenslandWestern AustraliaSouth AustraliaNorthern TerritoryACTTasmania.

 

火木土の夜10時はおやすみ前にSBSの日本語ラジオ!

SBS 日本語放送のFacebookもお忘れなく。

This story is also available in other languages.