SBS Radio App

Download the FREE SBS Radio App for a better listening experience

Advertisement
1248items
メルボルンのノースコート・スイミング・クラブで、昨年から競泳コーチを務めている草深亜紅さん。選手が自己ベストを更新したり、大会でよい成績を収めることも大事な一方で、コーチやチームメイトへの思いやりを身につけることも大切だと語ります。
草深さんは、主に12歳から21歳までの選手チームを担当しています。先月は、草深さんがコーチになって初めて全国大会でメダルを獲得した選手を輩出したことが評価され、その功績を称える賞"Jim O'Doherty Victorian Age Group Coaching Achievement Award"を受賞しました。
最近の調査によりますと、主に若い世代の人たちが、民間の健康保険に加入しない、または保険から脱退していることが明らかになりました。
数十億ドル規模といわれるオーストラリア国内の保険市場。その市場の動向は決して良い方向に向かっておらず、専門家は政府に対策を求めています。シンクタンク"the Grattan Institute"の調査によりますと、近年の民間健康保険は、費用が高騰し不公平で、その上複雑化していると指摘しています。 "the Grattan Institute"のステファン・ダケット保険プログラムディレクターは、保険業界は今、財政危機に瀕していると語ります。その理由について、加入者の大半が65歳以上の高齢者...
着物姿で太鼓を横に打つ「花八丈」は、鼓童名誉団員・小島千絵子さんの代表作です。女性ならではの表現を太鼓でと考え、たどり着きました。
[facebook_video video="_3Fy8DNJRaQ"] 小島さんが日本の創作和太鼓集団「鬼太鼓座(おんでこざ)」(鼓童の前身)に入った頃、太鼓は男性が、そして女性は踊りを担当したそうです。太鼓がたたけないくやしさを抱えつつ、踊りを生かして、女性ならではの表現を太鼓でできないかと考え始めました。 その集大成「花八丈」は、日本国内だけではなく、海外でも人気を集めています。 小島さんは今月、シドニーの和太鼓グループTaikOz(タイコーズ)と2年ぶりに組んで、オーストラリアの...
「とある魔術の禁書目録」の上条当麻役などで知られる声優の阿部敦(あべ・あつし)さん。もし声優になっていなかったら・・・?
約111年もの歴史を持つNRLナショナルラグビーリーグで、今週、史上初の女性レフリーが誕生しました。
ベリンダ・シャープさんは、NRLで246番目のレフリーとなります。ベリンダさんは2014年以来、NRLの試合でサイドラインのオフィシャルを務めていました。明日18日木曜日に予定されているブリズベン・ブロンコス対カンタベリー・バンクスタウン・ブルドッグスの試合で、初めてレフリーを担当します。 オーストラリアや世界の話題を、日本語で! SBS 日本語放送のFacebook をフォローしてください。
アポロ11号による月面着陸から21日で50年。世界が見た「月面からの生中継」、可能にしたのはオーストラリアの施設でした。
シドニーから西へ400キロ行った場所、ニューサウスウェールズ州パークスにある電波望遠鏡「ザ・ディッシュ」。1961年に作られ、当時は世界で最も進み、最も感度の高い望遠鏡の一つでした。 月面着陸の際には、その映像の質の良さから、3つの追跡拠点の中から独占的に世界に映像を送ったパークスの施設。安全基準を大幅に上回る強風に見舞われる中で、当時の責任者は強風で望遠鏡が破損するリスクを負いながらも、生中継を続行しました。   オーストラリアや世界の話題を、日本語で! SBS 日本語放送のFaceb...
サウンドエンジニアの安齋直宗さんが送るミュージックファイル。今週は、シンガーソングライターのジェス・リベイロで、6月にリリースされた3枚目のアルバム"Love Hate"から"Stranger"をお送りします。
[youtube video="5F-nQoBNr4M"] オーストラリアや世界の話題を、日本語で! SBS 日本語放送のFacebook をフォローしてください。
イギリスのウィンブルドンで行われていた全英オープン。14日の最終日、ジュニア部門男子シングルス決勝戦が行われ、日本の望月慎太郎選手が、スペインのカルロス・ヒメノバレロ選手を6-3、6-2で下し、4大大会で、初優勝を果たしました。
4大大会のジュニア部門男子シングルスで日本勢が優勝したのは、望月選手が初めての快挙です。 THE 2019 BOYS' SINGLES CHAMPION...@ShintaroMOCHIZU🏆#Wimbledon pic.twitter.com/OjrPG4tliG
ニューサウスウェールズ州の公立校Briar Road Public Schoolでは、今年のNAIDOCウイークには生徒が先生役となり、ほかの生徒に先住民の文化などを教えます。
この学校では、生徒の40%が先住民かトレス海峡諸島民のバックグラウンドを持っています。 音声コンテントでは、Briar Road Public Schoolのタミー・アンダーソン校長が、学校全体がNAIDOCウイークを祝うことについて、先住民やトレス海峡諸島民の人や文化を大切なものだとして受け止めているというメッセージを発信することでもあり、とても重要だと語ります。 また、文化のつながりやアイデンティティーの強化を通して学校に生徒の「居場所」を作ることで、教師と生徒の関係も強まり、生徒に...
今や私たちの生活の中で欠かせなくなったテクノロジー。気になることがあればグーグルホームやスマホを使って調べることが多くなりました。常に変化し続ける最新テクノロジーと子どもの教育について、考えたことはありますか?
インタビュー前編に続き、山口さんの著書「学校教育がガラッと変わるから親が知るべき今から始める子どもの学び」の「テクノロジーの活用」について、詳しくお話を伺いました。 オーストラリアや世界の話題を、日本語で! SBS 日本語放送のFacebookをフォローしてください。 [node_list title="related contents" uuid="eababa55-956b-4e0f-a2db-1c38832badc2"]
オーストラリアの先住民の歴史や功績を称えるナイドックウィーク。今週、先住民族出身のケン・ワイアット先住民担当相は、先住民の地位向上に関する文言を憲法に盛り込むかどうかを決める国民投票をこの先3年以内に行うことを明らかにしました。
ワイヤット先住民担当相は今週、連邦憲法に先住民を承認し、彼らの声を反映する仕組みを明記することを目標に努力していくことを明らかにしました。 We are committed to developing a consensus option for Constitutional Recognition for Indigenous Australians through a process of true co-design. Constitutional Recognition is t...
先月7日から行われていたFIFA女子ワールドカップフランス大会では、決勝戦、アメリカがオランダに2-0で勝利し、2連覇4度目の優勝を果たしました。世界で大きな注目を集めた大会だった一方、男女間の報酬格差が浮き彫りとなった大会でもありました。
女子サッカー強豪国のアメリカでは長きに渡り、男女間の給与格差について、アメリカサッカー連盟を相手取る訴訟が起きています。 男女間の賞金格差に極めて大きな差があることについて、FIFAのジャーニ・インファンティーノ会長は、女子サッカーの試合に今後4年で10億ドルを投資する考えを示しました。さらに、インファンティーノ会長は、女子の賞金を今の3000万ドルから、倍の6000万ドルに増額することを約束しました。 キャプテンのメーガン・ラピノー選手は、その翌日、2022年に女子は6000万ドルに増...
日本で活動するコミュニケーションカウンセラーの高橋ライチさん。パートナーや子どもなど、身近な人の話ほど実は聞きにくいと語ります。2019年7月9日放送。
クイーンズランド州ケアンズで6月末に開かれた、英日・日英翻訳者の国際会合「IJET-30」。約120名が参加しました。2019年7月9日放送。
IJET-30(アイジェット・サーティー)は、日本翻訳者協会(JAT)が年1回開催し、英日・日英の通訳者や翻訳者が参加する国際会合です。今年は30回目の開催です。 個人で仕事することの多い翻訳者にとって、大切なネットワーキングの機会でもあります。 音声では、IJET-30に参加した人の中から、オーストラリアに住む3人の翻訳家にお話を聞きました。 名前は番組内での登場順です。 ■森留美子さん (ブリスベン)   ■丸岡英明さん (ブリスベン)  JAT元会長 ■トニー・アトキンソンさん (...

Music File #269 ブリッグス

ブリッグスは、ビクトリア州シェパトン出身の先住民アーティストです。先住民の歴史や功績を称えるナイドゥックウィークにちなんで、サウンドエンジニアの安齋直宗さんが今週の曲にピックアップしました。(2019年7月6日放送) 
Briggsの楽曲”Here”は、ボーカリストのケイティ・ベイカーとのコラボ曲で、2017年7月にリリースされました。政治的なメッセージではなく、先住民のアイデンティティを称え社会に伝えるポジティブな楽曲です。 2017年シーズンのNRLナショナルラグビーリーグのテーマソングにも起用されました。 [youtube video="ryuU5c1KD-4"]