豪 北京冬季五輪 外交的ボイコット表明

中国は、スコット・モリソン首相が2022年の北京冬季五輪に政府関係者を派遣しないと表明したことに対して反発しています。

Prime Minister Scott Morrison speaks to the media during a press conference.

Prime Minister Scott Morrison speaks to the media during a press conference. Source: AAP

スコット・モリソン首相は、中国の人権侵害を理由に、オーストラリア政府関係者が北京冬季オリンピックに出席しないことを表明しました。

モリソン首相は8日、来年2月に開催される同大会にオーストラリアの選手は出場するが、政府関係者は出席しないと述べました。

来年の大会を外交的にボイコットするのは、今週初めに発表したアメリカに次いで2ヵ国目となります。

Advertisement
モリソン首相は、両国における外交上の不一致を考慮すると、今回の決断は「当然のことだ」と述べており、中国はオーストラリアが一貫して提起してきた新疆での人権侵害などの問題について、話し合いの場を設けていないと指摘しました。

「我々はさまざまな問題を提起してきましたが、中国ではよく思われていません」

「新疆での人権侵害をはじめ、オーストラリアが一貫して提起してきた多くの問題については、我々は中国政府と話し合う姿勢であり、我々の側には障害となるものは何もありません」

「しかし、中国政府は、これらの問題について我々と会う機会を一貫して受け入れていない」とモリソン首相は述べています。



中国政府はこれまで、大会をボイコットする国に対してさらなる制裁を加えることを警告してきましたが、モリソン首相はそのようなことは受け入れられないとし、「そのようなことをする理由は一切ない」と強調しています。

「我々はオーストラリアの国益を、オーストラリア人が正しいと信じることを守るため、立ち上がります。我々は将来への見通した利かない時代に生きています」と述べました。



オーストラリアのオリンピック委員会(AOC)は、外交上の選択肢は政府の問題であることを尊重し、政治とスポーツは切り離すべきであるとし、この決定を歓迎しています。

AOCの最高責任者、マット・キャロル氏は、シドニーで記者団に対し、選手、チーム関係者、コーチ、医師に加え、イアン・チェスターマン副会長、ジョン・コーツ会長も大会に出席すると述べました。

キャロル氏は外交上の選択肢は政府の問題であり、AOCには「関係がない」と述べ、「私たちは政治的に中立な立場にあります。(大会は)選手やAOCチームのためにある」と述べています。

「スポーツは世界を一つにする機会であり、世界中のアスリートを集めることができるものです。私たちは政治の世界には関与しません」

AOCは、北京に約40名の選手を派遣する予定で、キャロル氏によると、委員会はアスリートと連絡を取り合っており、参加に懸念を示した者はいないと言います。

「アスリートには自分の意見を持つ権利があります。選手には注意するように助言していますが、彼らは競技に集中したいのです」と述べ、不参加を表明した人は一人もいないと明かしています。

Visitors look at the Big Air venue that will see competition in freestyle skiing and snowboarding for the Beijing 2022 Winter Olympics at Shougang.
Visitors look at the Big Air venue that will see competition in freestyle skiing and snowboarding for the Beijing 2022 Winter Olympics at Shougang. Source: Getty Images


今回の決定に対して在オーストラリア中国大使館の報道官は、「中豪関係の改善を公言しているオーストラリアの期待に反している」と批判しています。

「周知の通り、中豪関係の現在の苦境の責任は明らかにオーストラリア側にも平等にある」と水曜日、声明で述べました。

「中国はオーストラリア側に、二国間関係を改善するための有利な条件を整えるために実践的な措置を講じることを改めて求めている」と述べています。

同報道官は、オーストラリアが大会で成功するかどうかは、「オーストラリアのアスリートのパフォーマンスにかかっており、オーストラリア政府関係者の出席や姿勢にはかかっていない」と述べています。

「我々は、オーストラリアの選手が冬季オリンピックで素晴らしいパフォーマンスを発揮することを願い、また、中国での合理的で安全な素晴らしいオリンピックを目にすることができると信じています」

「悪意のある意図」

中国外務省の趙報道官は火曜日、アメリカの外交ボイコットについて問われると、「冬季オリンピックは政治的なポーズや操作のための舞台ではない」と訴えました。

「アメリカは、新疆でのいわゆるジェノサイドという今世紀最大の嘘を捏造してきましたが、それはとっくに事実によって否定されています」と付け加えました。



「イデオロギー的な偏見、嘘、噂に基づいて、アメリカは北京冬季オリンピックを妨害しようとしていますが、そこには悪意ある意図が見られ、道徳的な原則と信頼性を失わせるだけであります」。

またオーストラリアの外交官ボイコットの可能性について月曜日に問われた趙報道官は、「我々は何度も、北京冬季オリンピックは世界のウィンタースポーツ選手とファンの壮大な集いであり、特定の政治家や政治的な演出のためのプラットフォームではないと言ってきた」と答えていました。

With AAP. 

火木土の夜10時はおやすみ前にSBSの日本語ラジオ!

から過去のストーリーを聴くこともできます。

SBS 日本語放送のもお忘れなく。

 


Share
Published 8 December 2021 at 5:21pm
By Emma Brancatisano
Source: SBS News