SBSの日本語放送

日豪のサッカー交流をユース世代から高めたい JFA国際委員 田代有三さん

SBSの日本語放送

Japan Australia Football

Former national footballer for Japan, Yuzo Tashiro


Published 28 June 2022 at 6:04pm
By Yumi Oba
Source: SBS

日本サッカー協会JFAの国際委員に就任した、サッカー元日本代表で、シドニー在住の田代有三さんにお話を聞きました。


Published 28 June 2022 at 6:04pm
By Yumi Oba
Source: SBS


2017年に来豪し、ニューサウスウェールズ州のナショナル・プレミア・リーグ(NPL)でのプレーを最後に、現役を引退したサッカー元日本代表、田代有三さん。

2020年からは、子どもたちを対象とした、シドニー拠点のサッカースクール『MATE FC』で代表を努め、日々指導を行っています。

今年3月にシドニーで開催されたサッカーワールドカップの最終予選では、子どもたちと日本代表の交流を実現させるなど、「日豪をサッカーで繋げる」活動にも力を入れてきた田代さんは、このほど、日本サッカー協会JFAの国際委員に就任。

Advertisement
日本サッカーの国際的なプレゼンスを高められるよう、あらゆる活動に取り組みます。



「サッカー界に貢献したい」と思っていた中での就任を、「大変うれしいく思う」と語る田代さん。

同じアジアであるものの、日本とオーストラリアはまだしっかりサッカーで交われていないと感じる田代さんは、今後両国の接点を増やし、交流を深めたいと考えてます。

世界で戦うためには、日本とオーストラリアの「サッカーでの交流と競争」が必要であると説明する田代さんは、それをユース世代、グラスルーツから取り入れ、「支えられるような存在になりたい」と考えています。

Yuzo Tashiro Japan-Australia Football
Yuzo trains children to become respectful players by teaching manner on the football field. Source: Yuzo Tashiro


MATE FCでは、日本ならではの礼儀やマナー、そして「自分で考える」というオーストラリアの教育のあり方を配合させ、指導を行っています。

日本でサッカーを習っている子の多くは、「言われればできるものの、言われたことしかできない」という現象も見られると説明し、オーストラリアのようなのびのびとした、厳しすぎない指導を心掛けています。

大切にしていることは「子どもたちの目を見ること」。

今何が楽しいのか、今何を求めているのか、それを感じ取ることが重要であると話します。

「サッカーを好きになるタイミングは人それぞれ」

それをサポートできるよう、今日も全力で指導を行っています。

田代さんのフルインタビューは下記音声インタビューをお聞きください。

LISTEN TO
Enhancing Japan-Australia football relation from the grassroots image

日本サッカー協会JFAの国際委員に就任した、サッカー元日本代表で、シドニー在住の田代有三さんにお話を聞きました。

SBS Japanese

28/06/202209:50




火木土の夜10時はおやすみ前にSBSの日本語ラジオ!

から過去のストーリーを聴くこともできます。

SBS 日本語放送のもお忘れなく。

 


Share