SBSの日本語放送

遊びながら覚えるひらがな、経験基に開発 エメリー真実

SBSの日本語放送

Magic Hiragana Mami Emery Japanese learning

Sydney-based Japanese teacher Mami Emery is teaching Japanese alphabets, using her special chart.


Published 10 December 2020 at 9:23pm
By Junko Hirabayashi
Source: SBS

「日本語を忘れて欲しくない。そのお手伝いができれば」


Published 10 December 2020 at 9:23pm
By Junko Hirabayashi
Source: SBS


 
Japanese language education Hiragana
Sydney-based Japanese teacher Mami Emery developed a special chart of Japanese alphabet. Source: Mami Emery


シドニー在住の日本語教師、エメリー真実さんは12歳と8歳の2人の子どもの母親です。日常の中で日本語に触れる機会が少ない海外での生活で、こどもが楽しくひらがなを学べるようにと「魔法のひらがな」を考案しました。

Advertisement


日本で大学卒業後に日本語教師の道を選び、コロナウイルスのパンデミックの前まではシドニーにあるマッコーリー大学で日本語を教えていたエメリーさん。

海外で子どもに日本語を伝えていくという根気のいる取り組みで、エメリーさん自身も試行錯誤し、さまざまな経験をしてきたといいいます。

今後は新しく開設した自身のウェブサイト「」を通じて、子どもたちが日本語を学ぶ手伝いをしていきたいそうです。

インタビューでは魔法のひらがなについて、そして海外での子どもへの日本語教育について聞きました。



 

火木土の夜10時はおやすみ前にSBSの日本語ラジオ!

SBS 日本語放送のFacebookもお忘れなく。


Share